Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規更新に見せかけ、改ざんアプリを配布する攻撃を確認 - Symantec

Symantecは、正規アプリを改変し、不正アプリを配布する攻撃を確認した。署名処理の脆弱性を悪用しているため、正規アプリの更新として端末に侵入するおそれがある。

問題の脆弱性は、アプリの署名処理に存在。本来は作者以外の第三者が勝手に改変したアプリを、更新として配布することはできないが、脆弱性を悪用することで端末にインストールが可能となってしまう。

米Bluebox Securityが、99%の端末が影響を受けるとして7月はじめに問題を公表。専門家の注目を集めたが、実際に悪用された事例の報告はなかった。

Symantecによれば、今回同社は2件の不正アプリを確認。いずれも病院を検索するアプリとして公開されている正規アプリに対し、悪質なコードが追加されていた。

デバイスのリモート制御や、端末情報の窃取、有料SMSの送信などが行えるよう改変されており、中国製のセキュリティ対策アプリを無効化する機能も備えていたという。

同社では、同アプリについて「Android.Skullkey」として検出するよう対応した。

また今後も同様の攻撃が行われる可能性があるとして、Android利用者に対し、信頼できるマーケットプレイスからアプリをダウンロードするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
「Google Play」で人気アプリ装うソーシャルエンジニアリング - 開発者名を悪用
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も