Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HPとフォーティネットが協業 - 中小企業向けプラットフォームを投入

日本ヒューレット・パッカードとフォーティネットジャパンは、中堅および中小企業を対象としたネットワークセキュリティソリューションの分野で協業した。

両社は今回の協業を通じて、HPのサーバおよびネットワークスイッチと、フォーティネットのUTMアプライアンス製品を統合したあたらしいセキュリティプラットフォームを企画、提供するという。

新プラットフォームでは、仮想化環境における両社の強みを生かし、サーバ、ネットワークスイッチ、UTMアプライアンス製品を統合。仮想化環境にあわせて構成し、事前検証を行った上で、推奨構成としてそれぞれのパートナーを通じて提供していく。

(Security NEXT - 2013/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 78.0.2」が公開 - フレーム設定をバイパスできる脆弱性を修正
同報メールで一部メアドを宛先に記載 - 大阪府
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
札幌テレビかたり、個人情報聞き出す電話に注意
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市