Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、Windows向けプログラムのパブリックベータを公開

カスペルスキーは、「カスペルスキーインターネットセキュリティ」の次期バージョンについて開発を進めており、パブリックベータ版を公開した。

同製品は、「カスペルスキーマルチプラットフォームセキュリティ」に含まれるWindows向けセキュリティ対策ソフト。

ウイルス対策機能をはじめ、脆弱性の検出や脆弱性攻撃の防御機能を提供。他プログラムやプロセスが転送データにアクセスすることを防いだり、データ入力の内容を保護し、オンラインバンキングやショッピングなどのネット決済を保護する。

パブリックベータ版は、テスト目的でリリースされたプログラムのため、一部機能が動作しない可能性や不具合が含まれている場合がある。最新版では、リソースの消費を軽減したという。

(Security NEXT - 2013/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース