Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

結核患者や家族の個人情報含む文書が所在不明に - 大阪市

大阪市は、結核患者や関係者の個人情報が記載された集団健診関係書類を5月に紛失していたことを明らかにした。誤廃棄の可能性が高いという。

所在不明になっているのは、結核患者と接触があり感染の危険性がある家族や関係者を対象に実施する接触者健診の関係書類一式。同市保健所において5月27日に書類一式がファイルごと所定の棚からなくなっていることに担当者が気付いた。

書類には、患者およびその家族や関係者など74人分の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、出生地、職業、既往症などが記載されている。

同市では、2012年12月に文書の廃棄を行った際、誤って一緒に処分した可能性が高いと説明しており、対象となる関係者には、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京