Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BBSSとZenlok、クラウド型メール暗号化製品の提供で提携 - PKIでファイル暗号化

BBソフトサービスとZenlokは、ウェブメールに対応したメール暗号化ソリューション「Zenlokプレミアム」の提供にあたり、協業すると発表した。

「Zenlokプレミアム」は、「Microsoft Office 365」や「Google Apps for Business」などメールサービスにファイル暗号化機能やメールアーカイブ機能を追加できるソリューション。

メールの添付ファイルを、通信経路やドライブの暗号化だけでなく、ファイルそのもののPKI方式により暗号化してダウンロード形式に変更することが可能。鍵やパスワードの受け渡し、管理についても自動化している。

さらに送信後に添付ファイルのダウンロードを中止する「誤送信対策」や「メールフィルタリング」などの機能を搭載した。最大2Gバイトのファイルを送受信することが可能で、最大1Tバイトまで保存することが可能。

従来は、Zenlokが開発やサーバ運用、カスタマーサポートを行い、BBソフトサービスが販売を担当してきたが、今回の提携により、Zenlokでは開発に注力。BBソフトサービスがシステムの安定運用や、サポートなどを受け持ち、体制を拡充していく。

「Zenlokプレミアム」の年額利用料は、3780円/ID。メールのアーカイブ機能に特化した「Zenlokアーカイブ」を追加する。年額利用料は2520円。

(Security NEXT - 2013/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応