Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BBSSとZenlok、クラウド型メール暗号化製品の提供で提携 - PKIでファイル暗号化

BBソフトサービスとZenlokは、ウェブメールに対応したメール暗号化ソリューション「Zenlokプレミアム」の提供にあたり、協業すると発表した。

「Zenlokプレミアム」は、「Microsoft Office 365」や「Google Apps for Business」などメールサービスにファイル暗号化機能やメールアーカイブ機能を追加できるソリューション。

メールの添付ファイルを、通信経路やドライブの暗号化だけでなく、ファイルそのもののPKI方式により暗号化してダウンロード形式に変更することが可能。鍵やパスワードの受け渡し、管理についても自動化している。

さらに送信後に添付ファイルのダウンロードを中止する「誤送信対策」や「メールフィルタリング」などの機能を搭載した。最大2Gバイトのファイルを送受信することが可能で、最大1Tバイトまで保存することが可能。

従来は、Zenlokが開発やサーバ運用、カスタマーサポートを行い、BBソフトサービスが販売を担当してきたが、今回の提携により、Zenlokでは開発に注力。BBソフトサービスがシステムの安定運用や、サポートなどを受け持ち、体制を拡充していく。

「Zenlokプレミアム」の年額利用料は、3780円/ID。メールのアーカイブ機能に特化した「Zenlokアーカイブ」を追加する。年額利用料は2520円。

(Security NEXT - 2013/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS