Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TSS LINK、ファイル暗号化ソフトの最新版 - 自動再暗号化機能を搭載

ティエスエスリンクは、暗号化ファイルを復号して利用した後に自動で再度暗号化する新機能を搭載したファイル暗号化ソフト最新版「セキュアプライム FE Ver.4.0」を発売した。

同製品は、ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップするだけで暗号化と復号ができるソフト。WindowsとMacで同じ暗号化ファイルを扱えるほか、専用復号ツール「SPFE Dec」を使用すれば、AndroidやiOSなどモバイルデバイスでも復号して閲覧できる。

最新版では、再暗号化機能を追加。暗号化ファイルを開いて利用した後、ファイルの保存時に自動的に暗号化するため、再度暗号化する作業の軽減や復号済みファイルからの情報漏洩といったミスを防止できる。また復号した一時ファイルも削除することが可能。

価格は、10ライセンスで3万7800円。100ライセンスで31万5000円。今回の最新版発売にともない、評価版の試用期間を10日間から30日間に延長した。

(Security NEXT - 2013/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず