Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

就職試験面接時にプライバシー尋ねる「不適正質問」67社 - 滋賀県教委が公表

滋賀県教育委員会は、県内の高校生を対象に、就職面接の際、採用に関係ないプライバシーに関する質問が行われていないか調査を実施し、結果を公表した。

就職の選考にあたり、本来尋ねる必要のないプライバシーなど、立ち入った質問が行われているケースがあるとして、県内高校生の就職試験受験者を対象に調査を行ったもの。

家族構成や住所、家族の職業のほか、思想、信条、宗教など本来自由であり、本人の適性や能力と関係ないとして、愛読書や尊敬する人物を尋ねたケースなども含めて「不適切質問」として集計している。

2012年度の卒業生のべ2568人に対する調査では、不適切とされる質問は866社のうち67社で行われていた。前年の77社から減少している。家族構成や住所、家族の職業などの個人情報を質問したケースが49件、愛読書や尊敬する人物などに関する質問が30件だった。

同県では今回の結果を受け、不適正質問をした企業数や質問数は前年より減少しているものの、公正な選考に対する企業の認識はまだ不十分であるとし、引き続き企業へ対応を求めていくという。

(Security NEXT - 2013/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大
中学生自殺問題の報告資料で墨塗り処理にミス - 神戸市
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども