Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、スマホ安全利用に関するセミナーを開催 - 対策技術や脅威動向を紹介

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、7月8日に都内でスマートフォンの安全利用に関するセミナーを開催する。

同協会では、企業や団体におけるスマートフォンの安全利用を推進しており、今回は同協会の技術部会がセミナーを企画した。企業の取り組みや最新の脅威動向などを紹介する。

総務省総合通信基盤局で企画官を務める小川久仁子氏の特別セッションをはじめ、Androidアプリのリスク評価サイト「secroid」を運営するネットエージェントの代表取締役社長、杉浦隆幸氏が登壇する予定。

さらにトレンドマイクロのシニアリサーチャー、林憲明氏による脅威動向の報告や、シャープ通信システム事業本部副参事の重田大助氏による「電話帳アクセスモニター」の紹介、グリーで政策企画部長を務める千原啓氏による同社での取り組みなどを聴講できる。

会場は、ミッドタウンタワーのシスコシステムズ。定員は100名で一般参加も可能。参加費用は無料だが、事前に登録する必要がある。セミナー後には懇親会を予定している。

(Security NEXT - 2013/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定