Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Infoblox、悪用ドメインの名前解決を拒否するDNS製品 - 組織内ボットの外部接続を阻止

Infobloxは、企業や官公庁、サービスプロバイダ向けに新製品「Infoblox 4030 DNSキャッシュアプライアンス」を提供開始した。不正ドメインへの接続を阻止する新機能を搭載している。

同製品は、1秒あたり100万件のDNSクエリを処理できるDNSサーバ。DoSおよびDDoS攻撃の自動検出機能を備えており、新機能「Infoblox DNS Firewall」を搭載した。

同機能は、同社のレピュテーション情報をもとに、悪意あるドメインへの接続を防ぐ新機能。ボットなどマルウェア感染した端末が外部接続を試みた際に、名前解決を行わないことで接続を遮断。ログとして記録する。

また同社は、新技術「DHCP Fingerprinting」を発表した。DHCPによるIPアドレスを貸し出す際にデバイスタイプとIPアドレスの相関関係を把握。履歴や傾向データを提供するもの。デバイスタイプごとにポリシーを策定し、接続を遮断することもできる。同機能は「Infoblox DDI 6.7」の無料機能として提供する。

(Security NEXT - 2013/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
約147万のJPドメイン、「SPF」設定は半数弱 - 「DMARC」は約0.5%
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得