Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JIPDECと民間5社、ネット選挙に向け「なりすましメール」対策を展開

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)や民間企業5社は、ネット選挙運動解禁に伴う取り組みとして、受信者が「なりすましメール」を判別しやすいメールインフラを提供すると発表した。

20130611_jp_002.jpg
なりすましが行われていない場合は、黄色と緑のアイコンやテキストを表示(画面はYahoo!メールの場合)

今回の取り組みは、政党のオフィシャルメールドメインを受信者側のサーバ上で認識。政党を発信元とし、なりすましが行われていないメールにはアイコン画像やテキストを表示する試み。ウェブメールをはじめ、関連サービスを提供するヤフー、ニフティ、インフォマニア、トライコーン、パイプドビッツが参加している。

オフィシャルメールドメインの判別には、従来の電子メール認証技術にくわえて、JIPDECが運営する「サイバー法人台帳ROBINS」を使用することで、発信者の実在証明を行う。法人、団体、個人事業者の名称やメールドメインなどの情報を提供している台帳で、政党も登録できる。

すでに自民、民主、公明の3党が登録しており、夏の参議院議員選挙に向けたメールでの選挙運動に、同システムを利用することを決定しているという。

(Security NEXT - 2013/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も