Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS製品70%オフ」で騙す偽サイトに注意 - カード情報の不正利用被害も

日本マイクロソフトの正規代理店を装い、金銭や個人情報を詐取する詐欺サイトが複数発生している。確認されただけでも十数件に及び、クレジットカードの不正利用被害も発生している。

詐欺サイトを確認したBBソフトサービスによれば、問題のサイトは日本マイクロソフトの代理店を偽装。「Windows」や「Office」を取り扱っていると見せかけ、70%オフなど極端なディスカウント価格で誘惑していた。BBSSでは、同様の詐欺サイト十数件をすでに検知している。

今回見つかった詐欺サイトでは、製品を購入しても送信されるプロダクトキーが偽物であったり、購入時に送信したクレジットカード情報が不正に利用されるといった被害が、実際に発生している。

不正サイトのサーバは、米国のサンフランシスコに設置されていた。犯人は特定できていないが、クレジットカード情報を不正に収集し、転売する業者の犯行であると同社では分析。また今回のような個人をターゲットとする攻撃は、ロシアから行われるケースが多く、今回も同様の可能性がある。

問題のサイトでは、個人情報を送信する際の通信が暗号化されていない、特定商取引法による企業情報の記載がないなど、一見不審な点も多い。一方でサイトのデザインは、一般的な通販サイトと変わりなく、「オンラインショッピング初心者などは注意が必要」と同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
不正アクセスでスパム踏み台に - 三芳町社会福祉協議会
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
すぐ返信も届く日本語BEC、国内攻撃本格化の兆候か
【加筆訂正あり】検索結果に紛れ込む「偽Zoom」にご用心
ドメインに「tokyo2021」は使用しない - 東京オリパラ組織委が偽サイトに注意喚起
N国代表、個人情報不正入手で書類送検 - 「相手が開示した」と説明
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多