Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、消費者向けに台数無制限サービス - クラウドベースの機密情報保管サービスも用意

マカフィーは、コンシューマーを対象としたセキュリティ対策サービス「McAfee LiveSafe」を発表した。クラウドベースの機密情報保存サービスも搭載している。

同サービスは、「Windows」「Mac」「スマートフォン」「タブレット」など、個人ユーザーが所有するすべてのデバイスの保護と一元管理を可能にするもの。マルウェア対策やスパム対策のほか、デバイス紛失時の遠隔ロック、遠隔ワイプ、位置特定などの機能を搭載している。

また、金融機関の記録や運転免許、パスポートなど身分証明書のコピーといった個人の機密情報をクラウド上に保管する「Personal Locker」を用意。ユーザー名とパスワードを安全に保管し、どのデバイスからもワンクリックでログインできる機能も備えた。顔や音声による認証を採用しており、高い安全性を確保したと説明している。

同サービスは、6月より提供開始し、当初は特定メーカーのPCおよびタブレットの購入時にあわせて提供。6月14日以降に出荷されるデル製品へのプリインストールが決まっている。単体の製品としては7月に発売する予定。

(Security NEXT - 2013/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS