Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトのURL件数が激減 - 金融機関装う攻撃の減少が影響

フィッシング対策協議会は、4月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告状況について取りまとめた。報告件数をはじめ、攻撃に用いられたURL、悪用ブランドなど、いずれも減少した。

同協議会に寄せられた4月のフィッシング報告件数は26件。前月の69件から大幅に減少しており、ここ1年でもっとも低い水準となった。さらにフィッシングサイトに用いられたURLの件数は、2月から約4倍へと増加した3月の984件から21件へと激減するなど大きな動きを見せた。

フィッシングに悪用されたブランド件数に関しても、前月から半減して6件になるなど、すべての項目で縮小。同協議会によれば、前月まで多数寄せられていたクレジットカード会社や国内金融機関を騙る攻撃の減少が影響したという。

しかしながら、一方で「@nifty」などISPのウェブメールを装った攻撃も引き続き発生しており、引き続き注意が必要となっている。

(Security NEXT - 2013/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加