Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「gredセキュリティサービス」に「クロスドメインスクリプト」検知機能 - 「Darkleech」対策に活用可能

セキュアブレインは、ウェブ改ざん検知サービス「gredセキュリティサービス」が、Apacheの不正モジュールを用いる改ざん攻撃に対応し、検知が可能になったと発表した。

問題とされる攻撃は、ウェブページやデータベースなど、コンテンツそのものを改ざんするのではなく、ウェブサーバ「Apache」の不正モジュール「Darkleech」をインストールすることにより、不正サイトへ転送する手口。

3月以降、国内で大規模な被害が確認されている。一部は、サーバ管理ソフトである「Parallels Plesk Panel」の旧版に存在する脆弱性などが悪用され、インストールされたと見られている。

今回の機能強化により、ウェブ管理者があらかじめ正常な「クロスドメインスクリプト」を登録しておくことで、それ以外の転送行為について「意図しないクロスドメインスクリプト」として検知できるようになった。

また同社では、ウェブサイトの安全性をチェックできるウェブサービス「gred」を公開している。

ウェブサイトの転送行為を、ウェブサイト管理者が設定したものか、改ざんによるものか判断できないため、同サービスでは転送行為に対する安全性評価を行っていないが、ドライブバイダウンロードなど転送先の危険な行為について確認できる。

(Security NEXT - 2013/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にオープンリダイレクトの脆弱性 - 9月のアップデートで修正済み
「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
PHP脆弱性「CVE-2018-17082」 - キャッシュ汚染のおそれ
TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
脆弱な「Struts 2」サイトの探索行為 - ロシアの攻撃グループが関与か
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
CiscoやOracle、「Struts 2」脆弱性の影響受ける製品をアナウンス