Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「gredセキュリティサービス」に「クロスドメインスクリプト」検知機能 - 「Darkleech」対策に活用可能

セキュアブレインは、ウェブ改ざん検知サービス「gredセキュリティサービス」が、Apacheの不正モジュールを用いる改ざん攻撃に対応し、検知が可能になったと発表した。

問題とされる攻撃は、ウェブページやデータベースなど、コンテンツそのものを改ざんするのではなく、ウェブサーバ「Apache」の不正モジュール「Darkleech」をインストールすることにより、不正サイトへ転送する手口。

3月以降、国内で大規模な被害が確認されている。一部は、サーバ管理ソフトである「Parallels Plesk Panel」の旧版に存在する脆弱性などが悪用され、インストールされたと見られている。

今回の機能強化により、ウェブ管理者があらかじめ正常な「クロスドメインスクリプト」を登録しておくことで、それ以外の転送行為について「意図しないクロスドメインスクリプト」として検知できるようになった。

また同社では、ウェブサイトの安全性をチェックできるウェブサービス「gred」を公開している。

ウェブサイトの転送行為を、ウェブサイト管理者が設定したものか、改ざんによるものか判断できないため、同サービスでは転送行為に対する安全性評価を行っていないが、ドライブバイダウンロードなど転送先の危険な行為について確認できる。

(Security NEXT - 2013/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能
「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
「.htaccess」ファイル改ざんに注意 - CMSが標的に
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ