Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバネット、MDMサービスに電話で遠隔消去できるオプション

サイバネットシステムは、PCやスマートデバイスの一元管理や紛失対策などを提供する「PC&モバイル管理サービス」にオプションサービス「セルフリモートワイプ」を追加した。

同オプションは、管理者を介さずにスマートデバイスのデータをリモートより消去できるサービス。従来より提供している「リモートワイプ」や「リモートロック機能」は、管理者による操作を必要とするが、同オプションでは、緊急時に端末の利用者が直接消去作業を行える。

具体的には、紛失や盗難が発生した際に、専用番号に電話をかけ、「ID」と「パスワード」を通知することにより、端末内のデータを消去し、出荷時の状態へ戻すことができる。「Softbank」と「au」では、通信回線の停止にも対応した。

オプションサービスの価格は、1デバイスあたり月額315円。企業専用番号オプションは8400円。

(Security NEXT - 2013/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス