Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバネット、MDMサービスに電話で遠隔消去できるオプション

サイバネットシステムは、PCやスマートデバイスの一元管理や紛失対策などを提供する「PC&モバイル管理サービス」にオプションサービス「セルフリモートワイプ」を追加した。

同オプションは、管理者を介さずにスマートデバイスのデータをリモートより消去できるサービス。従来より提供している「リモートワイプ」や「リモートロック機能」は、管理者による操作を必要とするが、同オプションでは、緊急時に端末の利用者が直接消去作業を行える。

具体的には、紛失や盗難が発生した際に、専用番号に電話をかけ、「ID」と「パスワード」を通知することにより、端末内のデータを消去し、出荷時の状態へ戻すことができる。「Softbank」と「au」では、通信回線の停止にも対応した。

オプションサービスの価格は、1デバイスあたり月額315円。企業専用番号オプションは8400円。

(Security NEXT - 2013/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
独自のセキュリティマネジメント枠組を導入支援 - パロアルト
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減