Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニーDNA、月額1050円から利用できるAndroidアプリ脆弱性検査ツール

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(SDNA)は、Androidアプリの脆弱性の検査ツール「Secure Coding Checker」を5月中旬より提供開始する。

20130418_sd_001.jpg
診断結果レポートのイメージ(画像:SDNA)

同ツールは、Androidアプリの「apkファイル」に脆弱性が含まれていないか診断するSaaS型サービス。ログインし、検査したいapkファイルを選択するだけで検査が行える。

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)が作成した「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」に準拠しており、同ガイドに従って開発されているかチェック。問題ある部分の指摘にくわえ、コーディングガイドの関連項目を案内して修正を支援する。

月額利用料は個人の場合、1アプリあたり1050円。法人の場合は5万2500円で10アプリまで利用できるほか、年間契約やオンプレミス版の提供にも対応する。

(Security NEXT - 2013/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア