Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガイアックス、SNSでのトラブルを防止する企業向けサービス

ガイアックスは、ソーシャルメディアの利用から生じるトラブルを防止する新サービス「ソーシャルリスクモニタリング」を提供開始した。

同サービスでは、リテラシーの向上を図るeラーニングサービスと、従業員の投稿を目視で監視する投稿モニタリングサービスを用意。

eラーニングでは、トラブルの要因や予防策、トラブル発生時の対応など学ぶことが可能。ガイドラインの策定支援など、ソーシャルメディアを正しく利用するための基礎作りを支援する。

投稿モニタリングでは、従業員のFacebookやTwitterアカウントをフルタイムで目視により監視。事前に設定した判断基準に従い、リスクの可能性がある投稿を報告する。

初期費用は15万7500円。月額料金は対象アカウント数や投稿数に応じて変動する。

(Security NEXT - 2013/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
子どものネット安全対策、保護者の5人に1人は無策
「個人情報を家族や友人にばらす」 - 金銭要求する脅迫メール
米国でも災害便乗のサイバー攻撃に警戒強まる - 日本やエクアドルでの地震発生受けて
iOSの日時設定に不具合、Appleが修正プログラムを準備
小包の配達を装う「偽日本郵政」からのメールに注意
請求書の偽装メールで「vvvランサム」が国内に拡散 - 複数ベンダーが検知
半数以上の企業がエゴサーチを実施 - 風評被害など警戒
りそな銀、来店客の情報がSNS上へ漏洩
C&CのIP通知にMSの「TechNet」を悪用 - 「Deputy Dog」の攻撃グループ