Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、6件の脆弱性を修正した「iOS 6.1.3」を公開

Appleは、iPhoneやiPadなど同社スマートデバイスが搭載する「iOS」の脆弱性を修正した最新版「iOS 6.1.3」を公開した。

今回提供するアップデートは、「パスコードロック」がバイパスされる不具合をはじめ、「iOS」に見つかった6件の脆弱性を修正するプログラム。

細工されたウェブサイトを閲覧すると、任意のコードを実行されるおそれがある「WebKit」の問題に対応したほか、カーネルや「dyld」に存在する脆弱性を解消している。

(Security NEXT - 2013/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.1」で31件の脆弱性を修正
Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
Apple、「iOS 12」をリリース - 複数脆弱性を解消
VMwareのiOS向けアプリ「AirWatch Agent」などに脆弱性
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース
Apple、「iOS 11.4.1」をリリース - 脆弱性22件を修正
Apple、「Boot Camp」向けに脆弱性「KRACK」対策のアップデート
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ