Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、6件の脆弱性を修正した「iOS 6.1.3」を公開

Appleは、iPhoneやiPadなど同社スマートデバイスが搭載する「iOS」の脆弱性を修正した最新版「iOS 6.1.3」を公開した。

今回提供するアップデートは、「パスコードロック」がバイパスされる不具合をはじめ、「iOS」に見つかった6件の脆弱性を修正するプログラム。

細工されたウェブサイトを閲覧すると、任意のコードを実行されるおそれがある「WebKit」の問題に対応したほか、カーネルや「dyld」に存在する脆弱性を解消している。

(Security NEXT - 2013/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
Apple、「iOS 11.1」をリリース - 「KRACK」や「Siri」関連など脆弱性20件を修正
「iOS 11.0.2」がリリース - 脆弱性の修正は「iOS 11」と同等
Apple、「iOS 11.0.1」をリリース - 脆弱性修正は「iOS 11」と同様
Apple、「iOS 11」で脆弱性8件を修正
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - スマホ版にも影響
Apple、アップデート「iOS 10.3.3」をリリース - 脆弱性47件を修正
「Adobe Digital Editions」に複数の深刻な脆弱性