Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チャベス大統領の訃報に便乗する攻撃が発生 - 不審メールや検索結果に注意

米Symantecは、ベネズエラ大統領の訃報に便乗する攻撃を確認したとして注意を呼びかけている。

従来よりニュースへ便乗する攻撃は発生しているが、今回も世界的に注目を集めるチャベス大統領の訃報に便乗する攻撃が発生したもの。

同社によれば、訃報が伝わったのとほぼ同時にメールを利用した攻撃が発生。大統領の死因について陰謀説も出ており、今回の攻撃ではこうした話題を悪用して、メールのリンクから不正サイトへ誘導するという。

誘導先のウェブサイトは、マルウェアを感染するよう細工されていた。乗っ取られた正規サイトや、最近取得したドメインが利用されていたという。

Symantecでは、注目を浴びるニュースは、報道から半日足らずで攻撃が発生していると指摘。メールの添付ファイルはもちろん、ニュースを検索する際も注意するよう警告を発している。

(Security NEXT - 2013/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス