Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都内4カ所のセブン銀行ATMにスキミング機器 - 3200件を不正取得か

セブン銀行は、都内4カ所のATMにカード情報を読み取るスキミング装置や小型カメラが設置されていたことを明らかにした。約3200件の取引情報が不正に取得された可能性がある。

2月26日に利用者から指摘があり判明したもの。防犯カメラの映像などを調査した結果、1月22日から2月26日にかけて、「BIG BOX高田馬場」「東京メトロ副都心線西早稲田駅」「西武池袋本店」「豊島南池袋1丁目」の都内4カ所に設置されたATMに、不正な機器が設置されていたことが判明した。

ATMのカード挿入口に取り付けたスキミング装置でカードの磁気情報を読み取り、小型カメラで利用者が入力した暗証番号を読み取る手口で、警察の調べでは、おもに海外のATMで利用できるデータのみ読み取るしくみだった。あわせて約3200件の取引データが取得された可能性があるという。

同行では、情報を窃取された可能性がある顧客について、提携する金融機関へ対応を依頼。同行預金者に対しては同行が連絡を取っている。また全国のATM機の総点検を実施し、警備体制の見直しや不正検知システムの導入を検討するなど再発防止を進める。

(Security NEXT - 2013/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 道銀
顧客情報含む伝票5469枚の所在わからず - 静岡中央銀
公金納付書控2439件が所在不明 - 北日本銀
印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
保健所で個人情報含む書類を紛失 - 大阪府
顧客情報記載の書類を搬送中に紛失 - 常陽クレジット
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出