Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽「Adobe Flash Player配布サイト」に注意 - 実体はマルウェア

「Adobe Flash Player」のアップデートを装い、マルウェアを配布するサイトが出現している。誤ってインストールしないよう米Symantecが注意を促している。

「Adobe Flash Player」は2月に入り、3度のアップデートが行われているが、更新プログラムを探すユーザーを狙い、ウイルスを配布する偽サイトがホストされていた。

Symantecによると、問題のページでは「flash_player_updater.exe」のインストールをポップアップで要求するが、実体はバックドア。感染すると外部からランサムウェアをダウンロードし、インストールするという。

さらに問題のページに設置されていたダウンロードボタンは、「update_flash_player.exe」にリンクされているが、中身は広告を不正クリックするアドウェアだった。

いずれのマルウェアも、パスワードを窃取ほか、SSHなどで利用する証明書の取得を試みる。またメールの送受信を監視していた。

Symantecでは、最新のセキュリティ対策ソフトを活用したり、アップデートを入手する場合は、表示されたURLをよく確認した上でダウンロードを行うよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み
Adobe、「InDesign」など複数製品に深刻な脆弱性
複数の深刻な脆弱性へ対処した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート
「VMware vCenter Server」にDoS攻撃が可能となる脆弱性など判明
JPCERT/CC、新種ランサム「Bad Rabbit」で注意呼びかけ - 被害対応依頼の窓口などアナウンス
国内でも「Bad Rabbit」を観測 - 2月には誘導スクリプトが稼働か
「Petya」類似の新種ランサム「Bad Rabbit」 - ニュースサイト経由で感染誘導
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 「IE」や「Edge」同梱版は早急に更新を