Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽「Adobe Flash Player配布サイト」に注意 - 実体はマルウェア

「Adobe Flash Player」のアップデートを装い、マルウェアを配布するサイトが出現している。誤ってインストールしないよう米Symantecが注意を促している。

「Adobe Flash Player」は2月に入り、3度のアップデートが行われているが、更新プログラムを探すユーザーを狙い、ウイルスを配布する偽サイトがホストされていた。

Symantecによると、問題のページでは「flash_player_updater.exe」のインストールをポップアップで要求するが、実体はバックドア。感染すると外部からランサムウェアをダウンロードし、インストールするという。

さらに問題のページに設置されていたダウンロードボタンは、「update_flash_player.exe」にリンクされているが、中身は広告を不正クリックするアドウェアだった。

いずれのマルウェアも、パスワードを窃取ほか、SSHなどで利用する証明書の取得を試みる。またメールの送受信を監視していた。

Symantecでは、最新のセキュリティ対策ソフトを活用したり、アップデートを入手する場合は、表示されたURLをよく確認した上でダウンロードを行うよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
「Adobe Flash Player」のアップデートが公開 - 深刻な脆弱性を解消
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
「Adobe Flash Player」のアップデートが公開 - 深刻な脆弱性3件など修正
「Adobe Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
MS、3月の月例パッチを公開 - 74件の脆弱性を解消
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
MS、ブラウザ同梱版「Flash Player」向けに定例外更新
Adobe、Flashゼロデイ脆弱性に対処した定例外更新をリリース - できる限り早急に更新を