Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向けセキュリティソフト「Lookout」が機能強化 - 不正利用者の顔写真を送信

Lookoutジャパンは、Android向けセキュリティ対策ソフト「Lookout」に新機能を追加した。

同ソフトは、ウイルス対策やフィッシング対策、バックアップなどの機能を備えたスマートデバイス向けセキュリティ対策アプリ。従来より、紛失や盗難時の対策としてGPSを用いた端末の検索機能を提供しているが、新機能を追加した。

あらたに搭載した「ロックCam機能」では、ロック解除の際、誤ったパスワードが3回入力されると自動的にカメラで撮影し、無断で端末を利用しようとした人物の顔写真と、デバイスの位置情報を端末の所有者へメールで送信する。

また有償で提供しているプレミアム版では、「ロック画面機能」を用意。最大300文字のオリジナルメッセージをロック画面に表示することが可能。拾得者へ所有者の連絡先や謝礼に関する情報を知らせることができる。

プレミアム版の月額利用料は250円。年間契約の場合は2500円で利用できる。

(Security NEXT - 2013/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも