Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「罰金払え」と警察装う「ランサムウェア」の作者がドバイで御用 - 100万ユーロを荒稼ぎか

感染したパソコンを使用不能にし、復旧費用を要求するマルウェア「REVETON」を作成していた犯罪グループの主犯格が、スペイン当局によって逮捕された。

問題のマルウェア「REVETON」は、感染するとパソコンを利用できなくし、金銭を脅し取る「ランサムウェア」。今回逮捕されたグループの手口は、警察を装った画面を表示し、罰金と称してユーザーより金銭を騙し取るもので、約1年間の被害額は100万ユーロ、日本円で約1億2500万円にのぼると見られる。

同マルウェアについて調査し、欧州において犯人検挙に向けて各国当局へ情報提供など協力を進めてきたTrend Microによれば、スペイン当局が、ロシア出身の主犯格1名をドバイで拘束したという。

またマネーロンダリングに携わったメンバー10名も逮捕した。グループは騙し取った電子マネーをスペインで現金化し、ロシア在住のリーダーへ送金していた。

(Security NEXT - 2013/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
クラックマニュアル販売時の商標法違反、有罪が確定
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード
メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「剣と魔法のログレス」利用者アカウントの不正売買、27件が被害
日本年金機構職員が窃盗容疑で逮捕 - 個人情報を持ち出しで
「剣と魔法のログレス」で開発企業の従業員が逮捕 - RMTに利用者アカウント
ボットネット「Avalanche」の国内感染端末が約3分の2に - 依然1万台以上が感染中
元行員が大口預金者の個人情報を窃盗などの共犯者に漏洩か - 佐賀銀