Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、クラウドの信頼性や可用性に関するレポートを公開

情報処理推進機構(IPA)は、情報基盤として活用が広がるクラウドが停止するリスクや、回避するための方策について検討し、技術レポートとして公開した。

クラウドは企業活動や重要インフラで活用される一方、停止や故障するリスクが存在。実際にトラブルの事例も報告されているにも関わらず認識が不足していることから、同機構では資料を公開している。

報告書「クラウドコンピューティングの社会インフラとしての特性と緊急時対応における課題に関する調査」を2012年9月に公開。今回、同報告書の結果に加え、最近の技術標準化の動向なども踏まえ、技術レポートとして取りまとめた。

具体的には、停止リスクを回避するために、クラウド事業者や通信事業者の取り組みだけでなく、利用者にもディザスタリカバリの強化が必要であることや、クラウドが停止した場合でもサービスを維持できるよう相互運用性や移植可能性の標準化が必要であることを整理。

データセンター間のクラウド移転における国際的な連携が具体化しつつある動向のほか、セキュリティ対策、契約、法制度面の整備といった課題について取りまとめた。

(Security NEXT - 2013/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC