Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ月間」の重点テーマ、スマホセキュリティと企業の情報漏洩対策

政府は、2月に「情報セキュリティ月間」を実施する。2013年は重点テーマとして、利用が拡大するスマートフォンのセキュリティ対策や企業における情報漏洩対策を掲げており、啓発活動を展開する。

政府では、情報通信技術の恩恵を受けながら安全に国民生活を実現するためには、国民における情報セキュリティへの関心を高め、問題へ対応していく必要があるとして、2月を「情報セキュリティ月間」と定め、普及啓発強化を行っている。

2013年の重点テーマはふたつ。個人に対しては、スマートフォンのセキュリティ対策として、アプリを信頼できるサイトから入手し、ウイルス対策を実施するよう呼びかける。一方企業に対しては、情報漏洩対策を働きかける。

さらに「情報セキュリティ対策3か条」 として「個人情報等の重要な情報の扱いは慎重に」「パソコンなどはつねに最新のセキュリティ状態に」「不審なサイトやメールにアクセスしない」を訴えていく。

関連イベントとして、2月1日に都内でキックオフシンポジウム「大切な情報をどう守るか - 情報セキュリティ最前線」を実施したり、啓発サイトでスマートフォンの特集ページを開設。Twitterの公式アカウント「@cas_nisc」やNISCのメールマガジンを情報発信に活用するほか、ポスターやステッカーの配布も行う。

また「情報セキュリティ月間」には、企業や団体によるセミナー、シンポジウム、勉強会といった関連イベントやインターネット安全教室なども多数開催が予定されている。

(Security NEXT - 2013/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認
政府、「サイバーセキュリティ月間」関連行事の募集を開始
総務省と経産省、データポータビリティに関する検討会 - 社会インフラ分野も含め議論
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
町内会や同窓会など名簿作成時の注意点は? 政府が紹介動画