Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook経由で拡散する「WORM_VOBFUS」 - アダルトコンテンツで誘惑

過去に流行したマルウェア「WORM_VOBFUS」が、再び欧米圏で活発な動きを見せている。今後国内にも広がるおそれがあるとして、トレンドマイクロでは注意を促している。

同マルウェアは、USBメモリで拡散するワームとして2011年に感染のピークを迎えたが、あらたな亜種が11月下旬より広がっており、12月も目立った動きを見せた。感染経路として「Facebook」を活用しているという。

同社が確認したケースでは、Facebook上でアダルトコンテンツに見せかけ、配布サイトのリンクを拡散。亜種である「Sexy.exe」をダウンロードさせていた。

「WORM_VOBFUS」に感染すると、「Zeus」としても知られる「ZBOT」をはじめ、連鎖的にマルウェアへ感染するおそれがあり、オンラインバンキングのアカウント情報を窃取されるなど被害を引き起こす可能性がある。

欧米中心に広がりを見せているが、今後国内でも同様の手口が広まるおそれがあるとして、同社では警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSが定例外アップデート、「SMBv3」処理の脆弱性を解消
「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為