Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を

マイクロソフトは、米時間7月14日に月例セキュリティ更新で修正した脆弱性に、ワームなどへ悪用される可能性が高い脆弱性が含まれているとして注意を呼びかけている。

問題の脆弱性は、「Windows DNS Server」においてリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-1350」。深刻度は4段階中もっとも高い「緊急」。脆弱性の悪用や公開は確認されていないが、同社では悪用可能性指標をも3段階中もっとも高い「1(悪用される可能性が高い)」とレーティングしている。

DNSサーバとして構成されている「Windows Server」に影響があり、ユーザーの操作に依存せず、認証なしにリモートより脆弱性が悪用可能であるため、自己拡散する「ワーム」に転用されるおそれがある。

同社は、できる限りアップデートを早急に実施するよう求めており、すぐに更新できない場合は、回避策を講じるよう利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も