Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

連絡先情報盗むAndroidマルウェアに新種 - 偽サイト「Gcogle Play」で配布

シマンテックは、個人情報を収集する日本人を狙ったあらたなマルウェア「Android.Exprespam」を確認した。

同社が確認したのは、従来と同様、端末内の連絡先に登録されている名前とメールアドレスを収集するマルウェア。スパムメールを通じて「Google Play」を装った偽サイト「Gcogle Play」へ誘導し、同サイト経由で配布されている。

インストールする際に、類似の正規アプリであれば、許可を求めない「個人情報へのアクセス」「携帯電話のステータスとIDの読み取り」「アカウント情報」などの許可を要求。起動すると「デバイスに対応していない」などとして利用できないが、個人情報は外部サーバへ送信される。

配布サイトでは、「セーフ・バッテリー」「最速充電」「チェック」「年賀状・メイカー」「ミラクルフェイス」「100%絶対起床」「アプリ福袋」「まるごとアイフォンコンバーター」「芸能人ゴシップまとめエビ」という9種類のアプリページが公開されているが、すべて同一のアプリがダウンロードされるしくみだったという。

今回の配布に利用された問題のサイトに利用されているドメインは2012年12月27日に登録されたばかり。アプリの「APKファイル」に含まれるシグネチャは、1月2日から有効期間となっていた。

(Security NEXT - 2013/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google Play」で人気アプリ装うソーシャルエンジニアリング - 開発者名を悪用
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演