Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ狙う不正アプリ、1年で300倍に - トレンドレポート

Android端末を狙った不正アプリが、2011年末から約1年で300倍以上に急増している。

トレンドマイクロがまとめた2012年度のインターネット脅威レポートによって明らかになったもの。

同社では、2010年8月に最初のAndroid向け不正アプリを確認。2011年12月の段階では約1000件だったが、2012年4月に1万件を突破。さらに勢いが増して8月には15万6000件、11月には31万4000件まで拡大した。

不正アプリの傾向にも変化が生まれている。2012年上半期まではゲームやアダルト、動画コンテンツの再生など娯楽関連のアプリを装うケースが多かったが、下半期は電池を長持ちさせるアプリやセキュリティ対策ソフトなど、ユーティリティソフトを偽装するケースが目立った。

1月には、アダルトコンテンツの再生アプリを偽り、感染すると5分おきに金銭の請求画面を表示するワンクリックウェアをはじめて確認したほか、あたかも人気があるような口コミを掲載する不正アプリの配布サイトも登場し、手口の巧妙化が進んでいる。

(Security NEXT - 2012/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍