Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIU、ワールドワイドで情報漏洩に対応する損害保険 - 調査費用や逸失利益もカバー

AIU保険会社は、ワールドワイドでサイバー攻撃の被害を補償する損害保険「CyberEdge」を提供開始する。

「CyberEdge」は、日本国内に本社を置き、グローバル展開する企業向けの損害保険。国内外の拠点がサイバー攻撃を受け、情報漏洩が発生した場合に損害賠償金を補償する。

さらに事故にともなう行政対応や証拠保全、フォレンジック調査などで発生する費用のほか、業務の中断による逸失利益をカバー。また事故発生時に、各国のセキュリティ専門機関を紹介し、初期対応をサポートする。

同社では、2004年に国内で発売した個人情報漏洩保険きっかけに、海外AIGグループで同様の保険商品の開発を推進。今回グループ全体の引受実績を踏まえて開発した。日本に先駆け、すでに海外30カ国で提供されているという。

(Security NEXT - 2012/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発