Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内のフィッシング報告が2割増加 - 三井住友銀やみずほ銀を装うケース目立つ

フィッシング対策協議会は、11月に寄せられたフィッシングの報告状況について取りまとめた。金融機関を偽装するケースが半数以上を占めている。

同協議会によれば、11月の報告数は61件で、10月の51件から約2割増加している。一方10月には204件へ急増したフィッシングサイトのURL数だったが、11月には半数以下となる80件へ落ち着いた。ただし40件以下で推移していた9月以前の水準と比較すると、2倍以上のURLが報告されている。

フィッシング攻撃で悪用されたブランド件数は12件で、前月から2件増加。報告の半数以上が金融機関を偽装する内容だった。またクレジットカード会社やISPのウェブメールサービスの利用者を狙う攻撃が発生している。

金融機関に攻撃が集中しているが、なかでも三井住友銀行やみずほ銀行を装うケースがたびたび確認さされたという。同協議会では、今後も金融機関をかたるフィッシング攻撃が続くと予想しており、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず
2017年はフィッシング攻撃数が大幅減 - マルウェアに移行か
フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化