Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニンテンドーDSの「マジコン」が輸入差止対象に

ニンテンドーDSで違法にコピーしたソフトを不正に技術的制限を回避して起動できるいわゆる「マジコン」と呼ばれる装置について、税関は輸入差止め対象に追加した。

ニンテンドーDSを製造、販売する任天堂が、経済産業省より10月19日付けで意見書の交付を受け、税関に対して同装置の輸入差止申し立てを行っていたもの。11月21日に受理され、全国の税関で差止め対象に追加された。不正競争防止法における技術的制限手段を回避する物品の輸入差止申立てが受理されたのは、今回がはじめて。

同製品は、違法コピーしたゲームソフトの起動を防止する技術的制限手段を回避して、違法ソフトを動作させることが可能で、経済産業省では、不正競争行為にあたる物品と認定。提供行為は損害賠償や刑事罰の対象になるとの見解を示している。

また広告掲載やインターネット上での紹介、販売サイトへのリンクなどについても、個別取引のあっせんに該当する場合は、幇助行為として損害賠償や刑事罰の対象となる可能性があるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
「違法画像を見た違反金を支払え、ただしiTunesカードで」 - 警察庁装う詐欺サイト
不正コピーの警告装い、Officeが利用できなくなるとだますメールに注意 - 偽サイトで情報詐取
MS装い「Office利用できなくなる」と不安煽るフィッシングに注意
楽天、BCRの承認を取得 - EEA域外への個人情報移転が可能に
市販スマホ監視アプリの開発会社関係者が逮捕
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
捜査による位置情報取得、プライバシー侵害へ懸念 - 日弁連が声明
国内に多数のアノニマスFTP - うっかり情報公開に注意を
6000万件から1億件強のDBを保有 - 名簿業者実態調査