Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、破産者情報公開サイトに停止命令 - 刑事告訴検討

個人情報保護委員会は、破産者などの個人情報をインターネット上で不正に公開している事業者に対し、個人情報保護法に基づく停止命令を行った。

破産手続や民事再生手続の開始決定を受けた個人に関する氏名や住所などを。地図データと紐付けて公開しているウェブサイトに対し、11月2日付で個人情報保護法に基づき、停止するよう命令したもの。

個情委は、違法や不当な行為を助長したり、誘発する方法で個人情報が利用されていると理由を説明。破産者などが差別的な取り扱いを受けるおそれあり、重大な権利侵害のおそれがあるとしている。

今回の命令に先立ち、7月20日にも停止を求める勧告を行っていたが、停止することなく報告徴収にも応じておらず、罰則の適用を求めて刑事告発の手続を進めていると説明。今回の命令に違反した場合は罰則の適用を求め、刑事告発を行うことを検討しているという。

(Security NEXT - 2022/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート