Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

破産者情報掲載サイトに停止を勧告 - 個情委

個人情報保護委員会は、破産者などの個人情報を掲載するウェブサイトの運営者に対し、個人情報保護法に基づき、個人データの提供をただちに停止するよう勧告を行った。

個情委によれば、破産手続きや民事再生手続きの開始決定を受けた個人の氏名、住所などの個人データを不特定多数に公開しているウェブサイトの運営者に対し、違法行為があるとして勧告を行ったもの。

個情委は、地図データと紐付けてインターネットで情報を公開しており、対象者において財産面、人格面における差別的な取り扱いが誘発されることを十分予見できる一方、違法や不当な行為を助長、誘発するおそれがある方法で個人情報を利用していると指摘。

また個人情報の利用にあたり、取得後すみやかに利用目的を本人に対して通知したり、公表しておらず、あらかじめ本人の同意を得ずに個人データが第三者に提供されているなど違法行為があるとし、公示送達を通じてウェブサイトによる個人データの提供をただちに停止するよう勧告を行った。

同委員会では、3月にも多数の破産者に関する個人データを違法に提供している事業者に対して、ウェブサイトを通じた個人データの第三者提供を停止するよう命令を出している。

(Security NEXT - 2022/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処