Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月に修正されたJavaの脆弱性が攻撃対象に - 感染目的の正規サイト改ざんも

Java SEに対し、10月中旬に修正された脆弱性を悪用する攻撃が発生している。セキュリティ機関やセキュリティベンダーでは、最新版へアップデートするよう呼びかけている。

Oracleでは、10月16日に定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」として脆弱性を修正した最新版を公開しているが、同アップデートで修正された脆弱性の悪用が確認されたもの。

JPCERTコーディネーションセンターでは、改ざんした国内の正規サイト経由で不正サイトへ誘導し、脆弱性を悪用する攻撃について報告を受けているほか、エクスプロイトキットへの組み込みも確認したという。

またNTTデータ先端技術では、同アップデートで修正された脆弱性「CVE-2012-5076」について検証を実施。「Java API for XML-Based Web Servicesクラス」にサンドボックス外でコード実行される問題が存在しており、リモートから任意のコードを実行できることを確認した。

同社は今回の脆弱性について、攻撃コードを簡単に入手できる状態で、脆弱性に対する攻撃も容易であると指摘。攻撃を受けた場合に影響も大きいとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ