Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、クラウド連携を実現したLinux向けマルウェア対策 - 「fanotify」に対応

ソフォスは、マルウェア対策ソフトの最新版「Sophos Anti-Virus for Linux/UNIX」を発表した。

同製品は、LinuxおよびUNIX環境で利用できるマルウェア対策製品。最新版では同社クラウドサービスによりマルウェアを判定する「Sophos Live Anti-Virus」をあらたに搭載し、最新のデータベースをもとにマルウェアを検知できるようになった。

またLinux 2.6.38以降に実装されている「fanotify」に対応。従来は同社が用意した専用モジュールによりリアルタイムスキャンを実現していたが、カーネル自身に実装された同機能を使うことで、より安定したシステムの運用が可能となっている。

年額料金は、サーバ向けに提供する「Sophos Anti-Virus Server License」を5台へ導入する場合、1台あたり5万9535円。エンドポイント環境全体を保護する「Endpoint Protection - Advanced」は、100ユーザーへ導入する場合、1ユーザーあたり5460円。

(Security NEXT - 2012/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
レノボ、OPSWATとサーバを組み合わせたソリューション
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス
「CentOS 5」の延命サービス - 2020年までパッチ提供
EOL迎える「RHEL5」「CentOS 5」利用者向けに移行支援 - HASHコンサル