Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報138件含むUSBメモリがひったくり被害に - 九州大学病院

九州大学の大学院生がひったくりに遭い、同大病院の患者138人の個人情報が保存されたUSBメモリが盗まれたことがわかった。

11月1日20時40分ごろ、大学院生が徒歩で帰宅していた際、バイクに乗った2人組にUSBメモリが入った鞄ごとひったくられ、持ち去られたもの。

被害に遭ったUSBメモリには、免疫抑制剤を服用中の患者138人の氏名、患者番号、性別、生年月日、内服量、処方医の氏名、入院と外来の区別などの情報が記録されていた。

学会発表のため同院に提供を依頼した情報で、USBメモリにパスワードなどは設定されていなかったという。同大学では対象となる患者に、説明と謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2012/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明 - 北里大学東病院