Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、販売パートナー向けに「SSL-API」を提供

日本ベリサインは、SSLサーバ証明書の販売パートナー向けに申請工数を削減できる「SSL-API」の提供を開始した。

「SSL-API」は、SSLの申請したり、受信、情報取得などが行えるパートナー向けのサービス。従来より、ジオトラストブランドで「SSL-API」を提供していたが、ベリサインブランドを追加したもの。

従来は、ウェブ画面から1件ずつ申請を行う必要があったが、作業を自動化し、作業工数を削減して負担を軽減できる。またパートナーが用意した組織内のシステム連携にも対応する。

対象サービスは、「セキュア・サーバID」「グローバル・サーバID」「セキュア・サーバID EV」「グローバル・サーバID EV」「トラストシール」。

(Security NEXT - 2012/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
Savitech製USBオーディオ機器ドライバが勝手にルート証明書を追加
OpenSSLにセキュリティアップデート - 脆弱性2件を修正
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
「macOS High Sierra 10.13」が登場 - 脆弱性43件を解消
Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE