Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、販売パートナー向けに「SSL-API」を提供

日本ベリサインは、SSLサーバ証明書の販売パートナー向けに申請工数を削減できる「SSL-API」の提供を開始した。

「SSL-API」は、SSLの申請したり、受信、情報取得などが行えるパートナー向けのサービス。従来より、ジオトラストブランドで「SSL-API」を提供していたが、ベリサインブランドを追加したもの。

従来は、ウェブ画面から1件ずつ申請を行う必要があったが、作業を自動化し、作業工数を削減して負担を軽減できる。またパートナーが用意した組織内のシステム連携にも対応する。

対象サービスは、「セキュア・サーバID」「グローバル・サーバID」「セキュア・サーバID EV」「グローバル・サーバID EV」「トラストシール」。

(Security NEXT - 2012/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
「Adobe Creative Cloudデスクトップアプリ」に脆弱性 - 更新がリリース
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース
「Apache Tomcat Native Connector」に2件の脆弱性
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ