Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、遠隔操作ウイルスの被害防止を呼びかけ

警察庁は、感染すると遠隔操作されるウイルスの被害が発生していることから、セキュリティ対策の実施を呼びかけている。

利用者に気が付かれないよう外部からウイルス感染したPCを操作され、犯罪行為が行われるケースもあることから注意喚起を行ったもの。

8月から9月にかけて、犯罪予告を行ったとしてパソコンの所有者が相次いで逮捕されたものの、その後第三者によるなりすましであることが判明し、釈放される事態が複数発生している。

同庁では被害の予防策として、「OSを含むプログラムを最新の状態にアップグレードする」「ウイルス対策ソフトを導入し、最新の状態にアップデートする」「ファイアウォールの設定をする」といった対策の実施や、「あやしいサイトにアクセスしない」「信頼のおけないプログラムをダウンロードしない」など、インターネット利用時に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
脆弱性判明後、「Drupal」調査アクセスが増加 - 攻撃対象を探索か
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性