Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、遠隔操作ウイルスの被害防止を呼びかけ

警察庁は、感染すると遠隔操作されるウイルスの被害が発生していることから、セキュリティ対策の実施を呼びかけている。

利用者に気が付かれないよう外部からウイルス感染したPCを操作され、犯罪行為が行われるケースもあることから注意喚起を行ったもの。

8月から9月にかけて、犯罪予告を行ったとしてパソコンの所有者が相次いで逮捕されたものの、その後第三者によるなりすましであることが判明し、釈放される事態が複数発生している。

同庁では被害の予防策として、「OSを含むプログラムを最新の状態にアップグレードする」「ウイルス対策ソフトを導入し、最新の状態にアップデートする」「ファイアウォールの設定をする」といった対策の実施や、「あやしいサイトにアクセスしない」「信頼のおけないプログラムをダウンロードしない」など、インターネット利用時に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性
NRIセキュア、セキュリティのお悩み支援サービス - 過去事例など情報提供
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動
NECプラットフォームズの遠隔監視制御システムに脆弱性
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用