Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、スマホの安全利用を促進するプログラムを公表

総務省は、急速なスマートフォンの普及を受け、「スマートフォン安心・安全利用促進プログラム」を作成、公表した。

同プログラムは、スマートフォンが急速に普及していることを受け、利用者が安心して利用できる環境を整備するために同省が取り組むべき課題を取りまとめたもの。

具体的には、関連する事業者や業界団体、消費者団体、PTAなどと連携し、安全利用に必要な情報を整理、啓発活動を実施する。特に高校生に関しては、PTAを通じて重点的な周知啓発活動を全国的に展開するという。

また関連業界におけるガイドラインやプライバシーモデル例の作成に対して支援を行うほか、アプリ配信サイト運営者への働きかけの実施、開発関連の専門学校に対する情報提供の協力、第三者によるアプリを検証するための検討など行う。

さらに青少年向けのインターネットリテラシーの指標作りや高齢者の周知啓発活動への支援など含め、利用環境整備を進めていく。

(Security NEXT - 2012/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都