Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内利用の携帯やスマホは2048bitのSSL証明書に対応 - ベリサイン調査

日本ベリサインは、国内で利用されているほぼすべての3G携帯電話やスマートフォンにおいて、同社の公開鍵長2048bitのSSLサーバ証明書が利用できることを確認した。

暗号の危殆化により、米国立標準技術研究所(NIST)が2013年末以降、鍵長が2048bitを下回る公開鍵の利用を認めないガイドラインを発表しているほか、CAブラウザフォーラムでも、12月31日以降を期限とするSSLサーバ証明書について、最小の公開鍵長をRSA 2048bitと定めるなど移行が進んでいる。

同社でも2024bitのSSLサーバ証明書の発行を進めており、国内市場で利用されている携帯電話やスマートフォンにおけるSSL証明書の対応状況を調査したもの。

2007年までに発売されたJRC製ウィルコム端末4機種と、三菱電機製のNTTドコモ端末1機種が、公開鍵長
2048bitに対応していないが、これら端末の市場シェアは、2012年8月時点であわせて0.001%未満だった。

それ以外の端末では、ベリサインのルート証明書が搭載されており、搭載しているウェブブラウザが公開鍵長2048bitに対応していることを確認したという。

(Security NEXT - 2012/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「Adobe Creative Cloud」デスクトップ版に3件の脆弱性
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
ネットワーク対応学習リモコン向けAndroidアプリに脆弱性