Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Javaのゼロデイ脆弱性に注意、「Poison Ivy」で利用される - NTTデータ先端技術が注意呼びかけ

「Java SE JDK 7 Update 6」および「同JRE 7」未修正の脆弱性「CVE-2012-4681」が見つかった問題で、NTTデータ先端技術はシステムに与える影響が多い脆弱性であるとして対策を呼びかけている。

同社によれば、今回明らかになった脆弱性は、細工したコードによりJavaのサンドボックス機能を制御するセキュリティマネージャクラスを無効化できるもので、セキュリティ機能が迂回され、任意のコードを実行される可能性があるという。

すでにサイバー攻撃に用いられるリモートアクセスツール「Poison Ivy」を使用した脆弱性に対する攻撃が発生しており、今回の脆弱性について検証を実施した同社は、システムに与える影響も大きいと危険性を指摘。

アップデートは提供されていないため、最新のセキュリティ対策ソフトを利用したり、不必要なウェブサイトへのアクセスを避ける、クライアントに余計な通信を許可しないといった緩和策や、業務上アクセスが必要なサイト以外は、一時的にブラウザのJavaプラグインを無効化するといった回避策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracleが定例アップデート、脆弱性254件を修正 - 143件はRCE脆弱性
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「Cisco Secure Access Control System」に深刻な脆弱性
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
アップデートで「Java SE」の脆弱性21件を解消 - Oracle