Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東陽テクニカ、米Fluke Networks製のネットワークモニタリングソフトを発売

東陽テクニカは、米Fluke Networks製のネットワークモニタリングソフト「OmniPoint Element」を発売する。

同製品は、仮想環境やハードウェアへエージェントをインストールすることで、ネットワークのモニタリングを実現するソフトウェア。

サーバ内部のトラフィックやレスポンスタイム、WANトラフィックをモニタリング可能。「SNMP」や「NetFlow」「sFlow」では可視化できなかったバーストトラフィックやアプリケーションフローの可視化に対応する。

ネットワーク品質の確保にむけた分析や不具合が発生する前の検知、原因究明などに活用でき、トラブルシューティングする際は、マネージャソフトウェアから必要な部分のパケットをリモートで収集できる。

価格は、「OPE-024」が24万円。VoIPに対応した「OPE-VoIP-026」が34万円。利用するには、別途Fluke Network製VPMサーバが必要。

(Security NEXT - 2012/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
インシデント対応を支援する拡張機能をリリース - タニウム
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
テリロジー、イスラエル製ダークネットモニタリングサービスを開始
KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業
NTTコム、工場向けIoTパッケージを提供開始 - インターネット介さずクラウド接続
緊急時の対応費用は保険で抑える「ネット炎上対策パッケージ」
KPMGコンサル、海外拠点の個人情報管理を支援
カスペルスキー、仮想化環境向けにセキュリティ対策製品
KPMGコンサル、サイバーリスクマネジメントの支援サービス