Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パスワード再設定機能の悪用した学生への「なりすまし」が発生 - 神奈川大

神奈川大学のネットワークサービスにおいて、学生が利用するアカウントのパスワードを不正に変更することによる「なりすまし」が発生した。

同大によれば、同大ネットワークサービスにおけるパスワードの再設定機能が悪用され、同大生の「なりすまし」が発生したもので、パスワードリマインダを利用する再設定機能へ執拗にアクセスがあり、パスワードを変更できる状態になったという。

同大では、今回の不正アクセスを受け、不審な通信を遮断するとともに、パスワード再設定機能を停止するなどの対策を実施。「なりすまし」による学生への大きな被害は確認されていないと説明している。

(Security NEXT - 2012/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
神戸製鋼とパスコに不正アクセス - 防衛秘密への影響否定
メールサーバに不正アクセス - 埼玉県下水道公社
NEC防衛部門の一部サーバに不正アクセス - 内部感染拡大を検知できず