Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、SNS管理ツールに炎上リスクの可視化機能を追加

ハンモックは、SNSの投稿内容を分析するツール「GLUE SNS」に、炎上といったソーシャルメディアの潜在リスクを可視化できるリスクマネジメント機能を追加した。

具体的には、Facebook、TwitterをはじめとするSNSや掲示板、質問サイト、ブログ、レビューサイトなどで企業や商品など関連する口コミ情報のほか、国や地方公共団体による規制や注意喚起情報を収集。企業のリスクマネジメントに必要な情報のみを抽出する。

さらに収集したデータを分析。カテゴリに分類し、ネガティブな発言の件数や推移、伝播状況などを自動的に分析し、リスクを潜在リスクを可視化することができる。

月額利用料は9万円から。別途初期費用25万円が必要。

(Security NEXT - 2012/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン
損ジャ日興、ネット炎上時の対応費用を補償する損害保険
「Nintendo Switch」に保護者向け管理アプリ - SNS投稿やプレイ時間など制限可能
新版「ウイルスバスター」 、フォルダ監視でランサム被害防止 - LINE向け機能も
内部不正の監視ソリューション - エルテス
新日本有限責任監査法人、自治体のセキュリティ対策を支援
ALSI、クラウド型フィルタリング製品のスマホ対応を強化
SIMフリースマホ向けセキュリティ対策ソフト - 端末設定もサポート
日本IBM、アクセス制御可能なSNS型オンラインストレージ提供