Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

名大と富士通、振り込め詐欺通話の検出技術を実証実験

名古屋大学と富士通は、岡山県警や警察庁中国管区警察局岡山県情報通信部、中国銀行の協力のもと、振り込め詐欺誘引通話検出技術の実証実験を開始した。

今回実証実験を展開するのは、音声の調子に着目する「過信状態推定技術」と、振り込め詐欺特有のキーワードから検出する技術を活用した振込詐欺の対策技術。模擬通話において一定水準の検出精度を確保できたことから実証実験を計画した。

同実験では、モニター宅のべ100人以上に検出機器を設置。振り込め詐欺と疑われる通話を検出し、本人に対して合成音声による警告を行うほか、親族や警察、銀行など関係者へ注意を促すメールを送信。警察官がモニター宅を訪問するほか、銀行ではモニターからあらかじめ依頼された口座を一時的に停止し、被害の発生を防止する。

今回の実験を通じて名大と富士通では、振り込め詐欺誘引通話検出技術における検出率の向上や誤検出の抑止など、精度の向上や社会システムとの連携を検討していく。

(Security NEXT - 2012/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
台車で移動中の年金関係書類が飛散、一部所在不明に - 大河原町
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も