Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年第2四半期のAndroidマルウェアは約1万9000件 - 累計は前四半期から約4倍強へ

トレンドマイクロは、2012年第2四半期にAndroidを狙う不正アプリが急増していることを明らかにした。

同社によれば、2012年第2四半期、あらたに発見したAndroid向け不正アプリは1万9000件に達したという。前四半期末までの累計は約6000件だったが、わずか3カ月間に2万5000件へと急拡大した。手口としては、実在するアプリを装うケースや不正に広告を表示するものが多い。

同社は、世界で4億台以上のAndroid端末が利用されており、Google Play上のアプリも60万以上にのぼることを理由に、攻撃の増加は避けようがないと指摘。セキュリティ対策アプリの導入が2割にとどまっている点についても問題点として挙げている。

(Security NEXT - 2012/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件