Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年第2四半期のAndroidマルウェアは約1万9000件 - 累計は前四半期から約4倍強へ

トレンドマイクロは、2012年第2四半期にAndroidを狙う不正アプリが急増していることを明らかにした。

同社によれば、2012年第2四半期、あらたに発見したAndroid向け不正アプリは1万9000件に達したという。前四半期末までの累計は約6000件だったが、わずか3カ月間に2万5000件へと急拡大した。手口としては、実在するアプリを装うケースや不正に広告を表示するものが多い。

同社は、世界で4億台以上のAndroid端末が利用されており、Google Play上のアプリも60万以上にのぼることを理由に、攻撃の増加は避けようがないと指摘。セキュリティ対策アプリの導入が2割にとどまっている点についても問題点として挙げている。

(Security NEXT - 2012/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
2016年4Qの脆弱性登録は1571件 - 「Android」が129件で最多
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超