Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

(ISC)2のアジア太平洋情報ISLAプログラムで日本国内から4人が受賞

(ISC)2は、「第6回アジア太平洋情報セキュリティー・リーダーシップ・アチーブメント(ISLA)」の受賞者を発表した。

同賞は、情報セキュリティの人材育成に関する取り組みやプログラム、プロジェクトにおいてリーダー的役割を発揮し、人材育成に大きく貢献した専門家や実務家の功績を表彰するもので、今回アジア太平洋地区から27人が選出された。

国内からは、2部門で4人が選ばれ、「Information Security Practitioner部門」では、ネットエージェントのエバンジェリストである八尾崇氏が受賞した。

また「Senior Information Security Professional部門」において、JPCERTコーディネーションセンターのグローバルコーディネーション部マネジャーである小宮山功一朗氏、サイバー大学専任准教授の園田道夫氏、工学院大学SC27/WG1ジャパン主査の山崎哲氏、NECでシニアエキスパート兼マネジャーを務め、工学博士であるAnand R. Prasad氏が受賞している。

(Security NEXT - 2012/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
写真コンテスト受賞者の個人情報を誤って公開 - 鳥取県
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中