Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、「RHEL 6.3」と「CentOS 6.3」に対応したウイルス対策ソフトを発売

HDEは、「Red Hat Enterprise Linux 6.3」および「CentOS 6.3」に対応したLinuxサーバ用ウイルス対策ソフトウェア「HDE Anti-Virus X」を8月7日より発売する。

「HDE Anti-Virus」は、「RHEL 6.3」および「CentOS 6.3」の64ビット版に対応したウイルス対策ソフト。F-Secure製のウイルス対策エンジンを採用した。

ラインナップとして、スケジュールベースでウイルススキャンを行う「HDE Anti-Virus X for Server」と、ディスクにファイルを書き込んだ際、リアルタイムにウイルスを検知する「HDE Anti-Virus X Realtime Scan」を提供する。

価格は、「同Realtime Scan」が9万2400円。「同for Server」が3万6750円。教育機関や地方公共団体向けの価格設定も用意している。

(Security NEXT - 2012/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
レノボ、OPSWATとサーバを組み合わせたソリューション
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス
「CentOS 5」の延命サービス - 2020年までパッチ提供
EOL迎える「RHEL5」「CentOS 5」利用者向けに移行支援 - HASHコンサル