Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員利用スマホの4.3%が紛失や盗難被害に - 回収率はわずか7%

企業が支給したり、BYODにより業務で利用されるスマートフォン端末において、「紛失」や「盗難」に遭う確率が約4.3%にのぼることが、マカフィーとPonemon Instituteの調査により判明した。

両社が、スマートフォンの紛失実態について米国の439社を対象に調査を実施したもの。企業が支給したスマートフォン203万9831台とBYOD端末125万7738台のあわせて329万7569台に対し、1年間に紛失や盗難に遭った端末は4.3%にあたる14万2706台。1社あたり平均324台が被害に遭っていた。

14万2706台の内訳を見ると、11万1345台と大半は紛失によるもの。盗難は5034台でのこり2万6003台についても盗まれたものと見られている。インシデント発生後に回収された端末は9298台でわずか7%にすぎなかった。

被害が発生した場所を見ると、47%は自宅やホテルの部屋で。「移動中」が29%で続き、「職場」とするユーザーも13%にのぼる。また残り11%のユーザーは紛失場所の心当たりがなかった。

紛失したスマートフォンへ機密情報が保存されているという認識を60%が持つ一方、57%はセキュリティ機能を使用していないなど、セキュリティ対策への意識の低さも目立ったという。

(Security NEXT - 2012/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料